2018/08/07

ミラーレス一眼購入計画 その3 レンズ選び

ようやくカメラ本体をα7Ⅲにすることが決まりましたが、どのレンズを購入するのか。
ある意味ここからがレンズ交換可能な一眼レフの悩みどころになります。

レンズには大きく分けて、普通のデジカメのようにズーム操作が可能なズームレンズと、ズームができない代わりに画質がきれいな単焦点レンズがあります。

画角が変化しない分、画質を追い込める単焦点レンズのほうが基本的にきれいだったりしますが、自分が寄ったり離れたり出来ない状況や、必要な画角が複数ある場合はズームレンズのほうが便利です。

では必要な画角は何か。
その前にレンズの焦点距離による画角をおさらい。


IMG_9774

上記の画像の通り、焦点距離によって画像として画面内に写し込める範囲が変わってきます。

自分が何を撮りたいかによって選ぶレンズが決まってきますので、ぷくおとしては何が撮りたいのかまとめてみます。

①ペット (犬)がドッグランで駆け回る姿
②日常のスナップ写真
③旅行(特に海外)

普段何を撮っているか考えると、概ね上記の3つが思い当たります。

続いて、それぞれでどのようなレンズがあったら便利かを考えてみます。

①ペット 

 ドッグランを駆ける姿となると、50mm〜200mm、または300mm程度の焦点距離のレンズが良さそうかなと思います。

《該当するレンズ》
 ・[SONY]FE 70-300mm F4.5-5.6 G OSS SEL70300G
IMG_9780
15万円程度・854g

 ・[SONY]FE 70-200mm F4 G OSS SEL70200G
IMG_9777
14万円程度・840g


 ・[SONY]FE 70-200mm F2.8 GM OSS SEL70200GM
IMG_9778
29万円程度・1480g


 ・[SONY]FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS SEL100400GM
IMG_9779
28万円程度・1395g


②日常スナップ

 経験上、1番標準と言われている50mmのレンズだとなんとなく窮屈で、もう少し周囲の雰囲気が伝わる35mm〜40mmの焦点距離がぷくおにとっては扱いやすいと思っています。その中で気軽に持ち運べるよう、重たく大きい大口径レンズではなく、少し解放F値が暗くても構わないので軽量でそこそこ写りの良いレンズがあると便利そうです。 

《該当するレンズ》
 ・ [SAMYANG]AF35mm F2.8 FE
IMG_9783
4万円程度、85.6g

IMG_9784
7万円程度、120g


③旅行

 旅行で良く撮るのは、どんな場所に行ったかがよく分かる広角レンズ。特に日本ではなかなか味わえない広大な景色や、教会などの建物内を写すのに、24mm以下のレンズがあると便利だなと思います。

《該当するレンズ》
IMG_9781
19万円程度・565g

IMG_9786
14万円程度・518g



IMG_9782
25万円程度・680g


④番外編

 もうじき出てくるCanonやNIKONのミラーレス一眼ではなく、あえてSONYを買いたいと思わせたのがこちらのSTFレンズ。

 ・[SONY]FE 100mm F2.8 STF GM OSS SEL100F28GM

IMG_9785

15万円程度・700g


 特殊なレンズを挟むことにより、少し暗くなってしまうものの驚異的なボケを実現し、かつ他のカメラでは未だに不可能なAF対応となっていて、いつかは欲しいと思い続けていました。焦点距離は100mmなので、普段はあまり使わなそうなのですが、清水の舞台から飛び込む覚悟で買って使い倒してみるのも修行になりそうです。


 
改めて使用可能なレンズを見てみると、どれもこれも高くて重たそうなレンズばかりですね(^◇^;)

また、今回求めているスペックとは異なるため載せていませんが、タムロンやシグマといった有名なサードパーティからも徐々に装着可能なレンズが増えてきました。

そうなると、もう少し選択肢が増えてからレンズを充実させるというのも良さそう。そこで問題になるのが、サードパーティ製レンズでは得られない性能は何かということ。

αシリーズのレンズ規格はライセンス契約したメーカーに無償開示されているので、AFの速度はレンズ内のモーターなどが似た形式ならほとんど同じらしいです。
となると、あとは太陽などが入り込んだ時のコーティングや写真の歪みなどの画質の差を注目するべきなんでしょうね。

そうなると、上記の中ではFE 100mm F2.8 STF GMやFE 16-35mm F4 ZAあたりが買って間違いのない選択肢になりそうです。どっちも高いけど…


また、α7が人気になった理由の一つに他社向けレンズがアダプターを介することで使用可能というものがあります。

しかも、ソフトウェアアップデートによってAFの速度もかなり早くなり、動く被写体にピントを合わせ続けるAF-Cや瞳AFも可能になっているとのこと。

となると、中古で安くなってるであろうCanon向けレンズも選択肢に入ってくるので、そちらも今後検討して見たいと思います。

とりあえず、α7Ⅲには写りがすごい良いとは言えないものの、軽くて扱いやすい28〜70mmのレンズが付いたモデルがあるのでそちらを購入して、あと1本何か面白いレンズを買ってみたいと思います。



にほんブログ村 PC家電ブログへ
にほんブログ村
クリックして頂くとブログ村のランキングポイントが入ります。応援よろしくお願いします!
毎日たくさんの応援クリック本当にありがとうございますm(_ _)m


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Posted by butsuyokumamire at 22:10│Comments(0)物欲 | 家電

コメントする

名前
 
  絵文字