2018/09/04

新型Jeep・ラングラー(JL型)日本での発売日決定⁉︎

[ジープラングラー] ブログ村キーワード

日本では今秋発売される予定のJeep・新型ラングラー(JL型)。
そろそろディーラーなら何か情報が入っているかな?と思い伺ってきました。

当然ではありますが、ディーラー内には新型ラングラーの姿は無く、真っ赤なファイヤークラッカーレッドのJK型ラングラーが展示されていました。
IMG_0197

JK型ラングラーについて

現在販売されているJK型ラングラーは2006年に発表、2007年から発売開始されています。

日本では2ドアはカタログ落ちしてしまい、4ドアのUnlimited SportとUnlimited Saharaの2モデルのみの販売となっています。

どちらも3.6L・V6エンジンを搭載していて、主な違いはタイヤを囲むフェンダーや屋根の色の違いやスピーカーの構成、シートでレザーを選べるかどうか。と言った走りとは直接関係のないところとなっています。

主な諸元

●右ハンドル 
●(全長)4,705mm×(全幅)1,880mm×(全高)1,845mm 
●乗車定員:5名 
●V型6気筒 DOHC 
●総排気量:3,604cc 
●最高出力(kW/rpm):209(284ps)/6,350(ECE) 
●最大トルク(N・m/rpm):347(35.4kg・m)/4,300(ECE) 
●後2輪・4輪駆動(選択) 
●電子制御式5速AT 
●無鉛レギュラーガソリン

外装

オフロード然とした見た目は、パッと見た感じでは新型も現行型も変わらないと言えそうです。

IMG_0195

FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender
平たいフロントガラスと、まるでラジコンのようなアンテナが可愛い。

IMG_0201
こちらは全国限定100台のチーフ。
標準で用意されるカラーに青系統はないので欲しい方は今すぐ行動しないと手に入らなそうです。

コンパクトな車体の四隅に配置されたタイヤと、それを囲む大きなフェンダーにより、他の何者でも無い独特な雰囲気が感じられます。

内装

IMG_0186
運転席周り。ナビは付いていませんが、オーディオが標準規格の2DINタイプなので簡単に交換できそうです。

IMG_0187
運転席からだとフロントガラス右下にラングラーを模したデザインが見えるのが気分が上がりそうです。

IMG_0192

IMG_0193

IMG_0184
こんなところにもJeepのアイコンでもあるフロントマスクを模したイラストが。

IMG_0178
シフトレバー台座のシフト表示は残念ながら左ハンドル仕様のまま。とはいえ実際の使用時には問題になるわけでは無いですね。

IMG_0182
こちらが後部座席。
運転席をぷくおの身長(約175cm)に合わせた状態で、膝前にはこぶし1個分ぐらいの広さがあります。また、つま先も前席下に入るのでスペース的には問題なし。

IMG_0181
気になったのが後部座席の座面長。
結構短いので、体重がお尻から太もも半分ぐらいに集中してしまうので、長時間座るのは厳しいかもしれません。

FullSizeRender
こちらがトランク。
車体後部が垂直に立っているので、かなり積載量がありそうです。
ただし、屋根が取り外せる仕様なのでルーフキャリアを取り付けることは難しい(スキーやサーフボードなどの板なら大丈夫とのこと)のが人によっては欠点ですね。

FullSizeRender
ちなみに、トランクはスペアタイヤ左側のハンドルを引き、

FullSizeRender
下半分のドアを開けた後、上側のガラスを上に跳ね上げる仕様となっています。

試乗

写真は撮れませんでしたが、運転と助手席合わせて40分ほどの試乗を行いました。

運転した感想は思ってた以上に普通に走れます。
エンジンも静かに滑らかに回り、遮音も街乗りでは問題なく車内で会話が出来ました。

車高がちょうど地面に立った時の高さに近いので非常に見晴らしが良かったです。

また、車高は高いものの、その中でも重量物が車体下に集まっているので重心が低いこと、タイヤが四隅に配置されているのでコーナリング性能も良さそうです。

欠点は、乗り心地とステアリングの切れ角。
乗り心地は普通の車と違う構造で、思っている以上に良かったのですが、それでも揺れる感じが少し違和感が残りました。

ステアリングは最小回転半径が7.1mということで、乗用車としてはマイバッハという超高級車に次いで切れ角が無く、狭い道での曲がり角ではちょっと苦労しそうでした。

見積もり

今回はラングラー Unlimited Sportをベースに見積もりしてもらいました。

Unlimited Sportを選んだ理由としては、とにかくフェンダーが無塗装の方がかっこいいと感じたことと、そこまでSaharaでなければいけないと思える装備が無かったからです。

こちらをベースに選んだオプションとしては、(実際に購入するならカーショップで後付になると思いますが)カーナビとETCとリアカメラ。それからフロアマットと給油口のキャップになります。

FullSizeRender
その結果、込み込み509.9万円となり、結構高くなったなというのが正直な感想です。

値引きについては頑張ります!ということですが、具体的な話には踏み込まずJL型ラングラーの話題に移りました。

新型・JL型ラングラーの発売日について

2018-jeep-wrangler-5

2018-jeep-wrangler-1

IMG_0205
今回試乗で気になったもののうち、後部座席の居住性は改善(足元は約3.8cm拡大。海外のサイトによると空間が少し良くなり大人にも快適になったと紹介されている)されています。
※最小回転半径は変わらず

ディーラーによる情報は次の3点。
  • 日本発売は2018年11月3日(土)
  • 現在は2モデルとも同じエンジンですが、スポーツは4気筒2Lターボエンジン。サハラは6気筒3.6Lエンジンになるのではないか。
  • もしかしたら価格が70万近く上がるかもしれない(そこまでは上がらないかもしれない)
特に気になるのが値上がりです。
現行型でも値引き前では少しオプションを付けただけで500万にもなってしまいましたので、もしそこから70万上昇となるとかなり厳しい気がします(デビューからしばらくは値引きも渋いでしょうし)。

ぷくおは、2Lエンジンは20〜30万アップ。3.6Lエンジンは50〜70万アップなのかな〜と、何の根拠もなしですが、勝手に予想しています。

正直、少し離れたところから現行型と新型を見比べたら、車に詳しい人でなければ同じでしょ?と言われかねないフルモデルチェンジですので、欠点を許容できる方で近いうちにラングラーの購入を考えているのであれば現行型でもいいのではないかと思います。

ちなみに、現行型の売れ行きは予想以上に衰えていないため、車両の在庫数が減っているそうです。
気になる方はお早めにどうぞ。とのことでした。(赤色のSportは残り2台しかないということと、日本自動車輸入組合によると、Jeepは7月に前年同月比131%を記録しているので、本当に在庫切れになるかもしれません)


関連記事



にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ
にほんブログ村
クリックして頂くとブログ村のランキングポイントが入ります。応援よろしくお願いします!
毎日たくさんの応援クリック本当にありがとうございますm(_ _)m
  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Posted by butsuyokumamire at 06:20Comments(0)

2018/08/25

通勤で使えるカメラ用バッグ選び

カメラ、レンズととりあえず揃えたところで、次に選ぶのはカメラを持ち運ぶバッグ。
ビジネスでも使えるシンプルなデザインで、持ち運びしやすい大きさのリュック型を選び、会社帰りに都内の様々な場所を巡るというのがぷくおの目論見。

というわけで、求める機能としては
  • ビジネスに使えるシンプルデザイン
  • リュック型
  • 書類やその他荷物を入れるスペースがあること
  • 電車内でかさばらない大きさ
  • α7Ⅲ本体とレンズ2本程度が収納できるスペースがあること
といったあたり。
これらの条件に当てはまりそうなバッグを探してみました。

・エレコム off toco 2STYLEカメラバッグ スタンダード

IMG_9964

IMG_9965

IMG_9966

最初にいいなと思ったのがこちら。
PC周辺機器で有名なエレコム社のバッグ。
こちらの特徴はなんといっても3枚目の写真にあるように、バッグを肩にかけたままカメラの取り出しができるところ。
また、下部のカメラ部屋と上部の荷物部屋の2気室仕様となっています(中のファスナー式仕切りを外すことで1気室に変更可能)。

その他の特徴としては、
  • 14インチPCが収納可能
  • ショルダーベルトにカードポケット
  • 前面・背面にポケット
  • ダブルハンドル
  • キャリーベルトによりキャリーケースに取り付け可能
といったものがあります。

外寸:幅300mm×奥行150mm×高さ410mm ※ハンドル・ショルダーベルト部含まず

参考収納寸法:バッグ本体内寸(ケース取り外し時):幅285mm×奥行120mm×高さ395mm、カメラ収納部内寸(ケース装着時):幅250mm×奥行115mm×高さ170mm、PC収納部内寸:幅255mm×奥行25mm×高さ380mm、上部収納部内寸:幅285mm×奥行120mm×高さ210mm

重量:約1,040g

カラー:ブラック・グレイ・ネイビー

・エレコム off toco 2STYLEカメラバッグ ハイグレード M

IMG_9967

IMG_9968

IMG_9969

IMG_9970
上記のスタンダードモデルの上位版で、三脚ホルダーやレインカバー、着脱式ポーチ、チェスト&ヒップベルトが備わっています。
また、大きさもMとLの2種類あるので目的に応じて選べるようになっています。
※下記スペックはMサイズ

外寸:幅280mm×奥行165mm×高さ400mm ※ハンドル・ショルダーベルト部含まず

参考収納寸法:バッグ本体内寸(BOX取り外し時):幅270mm×奥行85mm×高さ390mm、カメラ収納部内寸(BOX装着時):幅230mm×奥行105mm×高さ145mm、PC収納部内寸:幅255mm×奥行30mm×高さ370mm、上部収納部内寸:幅270mm×奥行85mm×高さ210mm

重量:約1,485g(BOX取り外し時:約1,245g)

カラー:ブラック・グレイ・ネイビー

・Endurance カメラバッグ Ext

IMG_9971

正面ジッパーの開閉によりカメラ機材収納部が拡張可能
IMG_9972
                          ↓
IMG_9973

IMG_9974

IMG_9975

IMG_9976
IMG_9977
プロカメラマン、studio9中原一雄氏監修による、実際にプロの現場で求められる機能を詰め込んだ高性能カメラバッグとして誕生したのが初代Enduranceカメラバッグ。

そのコンセプトを踏襲しつつ、コンパクト化、軽量化、多機能化を図ったのがこのEndurance カメラバッグ Ext(エクステンド) コンパクト&多機能 リュックタイプ。

こちらが初代。
IMG_9978

こちらがEndurance カメラバッグ Ext。
IMG_9971
こちらのEndurance Extはなんといってもプロカメラマン監修というのがいいですね。
特徴としては
  • 大三元レンズ+バッテリーグリップを装着した一眼レフの収納可能
  • カメラ機材のアクセスが側面と正面の2箇所あり、シーンに合わせた機材アクセスが可能
  • サイドポケットに三脚収納可能
  • 薄型であれば最大15インチサイズのPCが収納可能
  • 上部気室はロールトップなので、荷物量によりサイズが可変
  • レインカバー付属
  • キャリーベルトによりキャリーケースに取り付け可能
外寸:約(W)285x(D)175x(H)430mm(最高約630mm) 

収納寸法:約(W)250×(H)245×(D)125mm(エクスパンション解放時該当部 約180mm)

容積:容積 約12L(最大約18L)・上部気室容量:約8〜3L

重量:1.27kg

カラー:ブラック・ネイビー・カーキ

・マンフロット  NEXT コンパクト バックパック

IMG_9979

IMG_9980

IMG_9981

IMG_9982

IMG_9983

続いてはカメラ機材を多数製造しているマンフロットから。
マンフロットからは多数のカメラバッグが発売されていますが、条件を考慮して浮かび上がってきたのがこちらのコンパクトバックパック。

特徴としては
  • レンズつきミラーレスカメラ+レンズ2本(70-200mm f4含む)収納可能
  • バッグ背面からカメラ取り出し可能
  • 三脚または一脚取付可能
  • カメラ収納部分に可動式の仕切り付 9.7”Pad 収納可能 
となっています。
こちらは少し小ぶりのバッグになりますが、普段の携行用と考えるとマンフロットの中では一番目的に合致した製品と言えそうです。

寸法:外寸28 x 19 x 45 cm
   内寸27 x 18 x 44 cm

カメラケース寸法:27 x 11 x 20 cm

身の回り品収納スペース寸法:27 x 12 x 22 cm

重量:790g

カラー:グレー・ブルー




沢山のカメラ用リュックが売られていますが、ぷくおが自分で使いたいなと思ったのはこの4つでした。
通勤でもカメラを持っていこうと考えている方の参考になれば幸いです。

ぷくおが購入したバッグの詳細についてはまた今度。


にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器情報へ
にほんブログ村
クリックして頂くとブログ村のランキングポイントが入ります。応援よろしくお願いします!
毎日たくさんの応援クリック本当にありがとうございますm(_ _)m
  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Posted by butsuyokumamire at 18:30Comments(0)

2018/08/13

ミラーレス一眼購入計画 その3 レンズ選びⅡ

前回、自分が撮りたい対象ごとにどんなレンズなら良さそうかを見てみました。
その中で、カメラ本体に性能はそこそこだけど軽くて使い勝手の良いレンズが付属するレンズキットモデルを選ぶことが確定しました。

続いてもう一本のレンズをどうするか、考えていきたいと思います。

前回のおさらいをすると、撮りたい対象とそれに合いそうなレンズの焦点距離は次の3つ。

①ペット (犬)がドッグランで駆け回る姿➡︎望遠レンズ
②日常のスナップ写真➡︎軽い35mm程度の単焦点レンズ
③旅行(特に海外)➡︎広角レンズ

そして、αシリーズの特権とも言える特殊レンズ:FE 100mm F2.8 STF GM OSS。

この中で、③はしばらく海外に行く予定がないのでパス。
②はレンズキットを購入するのでそこまで慌てる必要がない。

ということで、狙うべきは①になります。
前回ピックアップしたSONY純正のズームレンズは次の3つ。
※他にも24-240mmという高倍率ズームレンズがありますが、低倍率の方が画質が良いので選考外にしています。

IMG_9780
15万円程度・854g

IMG_9777
14万円程度・840g


IMG_9778
29万円程度・1480g


IMG_9779
28万円程度・1395g


この中なら値段と焦点距離から①か②なのですが、どちらも高いのがネック。

そこで気になるのがマウントアダプターの存在。
カメラ・レンズメーカーのシグマ社を始め、数社からCANONのレンズを使用できるアダプターが発売されています。

それを使うと、こんなレンズが魅力的になってきます。
IMG_9833
4.8万円程度・710g(+シグマMC-11なら2.7万円程度・125g)

このレンズは比較的新しく発売されたレンズで、他社のレンズに流れないよう戦略的に高品質・低価格を実現したと言われています。

CANONの場合、この上にLレンズと呼ばれる、さらに高品質なレンズがあります。

先程悩んだSONYのレンズはどちらかというとこのLレンズに対抗、もしくはそれを上回る性能を持っていて、防塵防水機能があるなど、高いなりの理由があります。

けど、雨の中ペットを撮ることはまずない(うちのアルトは雨が大嫌い)ので、ぷくおには明らかにオーバースペックになります。

さらに気がかりなのがCANONからあと半月ほどで発表されるという噂のミラーレス一眼。
マウントがどうなるかは一切不明ですが、仮に新マウントを採用するとなると、現在のマウントの価格が今以上に下がる可能性があります。

また、シグマやタムロンといったレンズメーカーが今後どんどんとズームレンズも発売していくであろうことを考えると、SONYのEマウントは純正・サードパーティ製のAFといった性能差が出にくそうなことを考えると、そもそも①も様子見した方がいいのではないか、という結論に至ってしまいます。

となると残るはダークホース、FE 100mm F2.8 STF GM OSSの出番です。
IMG_9785

ぷくおをEマウントに縛りつけている憧れの、しかし使い道が少し限られてきそうな気もするレンズ。
焦点距離が100mmと、中望遠レンズにもなるので、少しペットに近づいて撮影すれば良いかと割り切ってみますかね。

もう少し探してみようかなとは思いますが、現段階の最有力候補はFE 100mm F2.8 STF GM OSSだいう結論に達しました。


にほんブログ村 PC家電ブログへ
にほんブログ村
クリックして頂くとブログ村のランキングポイントが入ります。応援よろしくお願いします!
毎日たくさんの応援クリック本当にありがとうございますm(_ _)m
  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Posted by butsuyokumamire at 21:30Comments(0)

2018/08/07

ミラーレス一眼購入計画 その3 レンズ選び

ようやくカメラ本体をα7Ⅲにすることが決まりましたが、どのレンズを購入するのか。
ある意味ここからがレンズ交換可能な一眼レフの悩みどころになります。

レンズには大きく分けて、普通のデジカメのようにズーム操作が可能なズームレンズと、ズームができない代わりに画質がきれいな単焦点レンズがあります。

画角が変化しない分、画質を追い込める単焦点レンズのほうが基本的にきれいだったりしますが、自分が寄ったり離れたり出来ない状況や、必要な画角が複数ある場合はズームレンズのほうが便利です。

では必要な画角は何か。
その前にレンズの焦点距離による画角をおさらい。



上記の画像の通り、焦点距離によって画像として画面内に写し込める範囲が変わってきます。

自分が何を撮りたいかによって選ぶレンズが決まってきますので、ぷくおとしては何が撮りたいのかまとめてみます。

①ペット (犬)がドッグランで駆け回る姿
②日常のスナップ写真
③旅行(特に海外)

普段何を撮っているか考えると、概ね上記の3つが思い当たります。

続いて、それぞれでどのようなレンズがあったら便利かを考えてみます。

①ペット 

 ドッグランを駆ける姿となると、50mm〜200mm、または300mm程度の焦点距離のレンズが良さそうかなと思います。

《該当するレンズ》
IMG_9780
15万円程度・854g

IMG_9777
14万円程度・840g


IMG_9778
29万円程度・1480g


IMG_9779
28万円程度・1395g


②日常スナップ

 経験上、1番標準と言われている50mmのレンズだとなんとなく窮屈で、もう少し周囲の雰囲気が伝わる35mm〜40mmの焦点距離がぷくおにとっては扱いやすいと思っています。その中で気軽に持ち運べるよう、重たく大きい大口径レンズではなく、少し解放F値が暗くても構わないので軽量でそこそこ写りの良いレンズがあると便利そうです。 

《該当するレンズ》
 ・ [SAMYANG]AF35mm F2.8 FE
IMG_9783
4万円程度、85.6g

IMG_9784
7万円程度、120g


③旅行

 旅行で良く撮るのは、どんな場所に行ったかがよく分かる広角レンズ。特に日本ではなかなか味わえない広大な景色や、教会などの建物内を写すのに、24mm以下のレンズがあると便利だなと思います。

《該当するレンズ》
IMG_9781
19万円程度・565g

IMG_9786
14万円程度・518g



IMG_9782
25万円程度・680g


④番外編

 もうじき出てくるCanonやNIKONのミラーレス一眼ではなく、あえてSONYを買いたいと思わせたのがこちらのSTFレンズ。

 ・[SONY]FE 100mm F2.8 STF GM OSS SEL100F28GM

IMG_9785

15万円程度・700g


 特殊なレンズを挟むことにより、少し暗くなってしまうものの驚異的なボケを実現し、かつ他のカメラでは未だに不可能なAF対応となっていて、いつかは欲しいと思い続けていました。焦点距離は100mmなので、普段はあまり使わなそうなのですが、清水の舞台から飛び込む覚悟で買って使い倒してみるのも修行になりそうです。


 
改めて使用可能なレンズを見てみると、どれもこれも高くて重たそうなレンズばかりですね(^◇^;)

また、今回求めているスペックとは異なるため載せていませんが、タムロンやシグマといった有名なサードパーティからも徐々に装着可能なレンズが増えてきました。

そうなると、もう少し選択肢が増えてからレンズを充実させるというのも良さそう。そこで問題になるのが、サードパーティ製レンズでは得られない性能は何かということ。

αシリーズのレンズ規格はライセンス契約したメーカーに無償開示されているので、AFの速度はレンズ内のモーターなどが似た形式ならほとんど同じらしいです。
となると、あとは太陽などが入り込んだ時のコーティングや写真の歪みなどの画質の差を注目するべきなんでしょうね。

そうなると、上記の中ではFE 100mm F2.8 STF GMやFE 16-35mm F4 ZAあたりが買って間違いのない選択肢になりそうです。どっちも高いけど…


また、α7が人気になった理由の一つに他社向けレンズがアダプターを介することで使用可能というものがあります。

しかも、ソフトウェアアップデートによってAFの速度もかなり早くなり、動く被写体にピントを合わせ続けるAF-Cや瞳AFも可能になっているとのこと。

となると、中古で安くなってるであろうCanon向けレンズも選択肢に入ってくるので、そちらも今後検討して見たいと思います。

とりあえず、α7Ⅲには写りがすごい良いとは言えないものの、軽くて扱いやすい28〜70mmのレンズが付いたモデルがあるのでそちらを購入して、あと1本何か面白いレンズを買ってみたいと思います。



にほんブログ村 PC家電ブログへ
にほんブログ村
クリックして頂くとブログ村のランキングポイントが入ります。応援よろしくお願いします!
毎日たくさんの応援クリック本当にありがとうございますm(_ _)m
  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Posted by butsuyokumamire at 22:10Comments(0)

2018/08/06

ミラーレス一眼購入計画 その2 本体選定

前回お話しした通り、ぷくおの中ではデジタルカメラ、とりわけミラーレス一眼の購入計画が進んでいます。
まず肝になるのが本体に何を選ぶのか。
もともとフイルムの一眼レフカメラを使用していたぷくおにとって、やはりフルサイズ(=フイルムと同サイズの撮影素子)が精神衛生上気持ちいいのです。

レンズのズームは、よく○倍ズームなどと表現されますが、人間の目が焦点距離50mm程度。注視した状態が75mm程度。などと言われます。その焦点距離は35mmフイルムサイズを基準にするのが一般的で、ぷくおが現在所有しているaps-cや1インチのデジタルカメラだと35mmサイズに換算した時に○mmだといったように、レンズに表示されている焦点距離が、自分の中にある焦点距離と異なり、僅かな手間かもしれませんが頭の中で考える必要があります。

それが長らく不満であったことから、次に買う一眼レフはやはりフルサイズにしたい。
となると、現状フルサイズの一眼レフで、少しでも軽量なミラーレス一眼は基本的にSONYしか出していません。

その中でフルサイズとなると
  • α9  高速連写が必要なスポーツ向け
  • α7Ⅱ   ベーシック機種の1世代前
  • α7sⅡ 高感度や動画撮影向け
  • α7RⅡ 高画素により風景撮影など向け
  • α7Ⅲ   ベーシック機種の最新世代
  • α7RⅢ 高画素モデルの最新版。AFも速い。
と、それぞれ特徴のある6機種が販売されています。

この中で、動いている被写体を追うのに特化しているのはα9。ただしこちらは本体にLAN端子が付いているような、プロ向けモデル。さまざまな羨ましい機能があるものの、あまりに高い(40万円前後)ので自動的にパスとなります。

他に動体撮影も十分な性能を持っているのはα7Ⅲとα7RⅢの、第3世代の2機種。

これらは2種類のピントを合わせる術を組み合わせて、以前の機種よりAFが高速で動作するようになっています。

その中でもα7Ⅲは、上位機種のα9譲りの性能で、693点の位相差検出センサーと、425点のコントラスト検出を搭載。
IMG_9744

暗いところや動く物体へのAFも従来比約2倍になるほか、第2世代から搭載された瞳AFもかなり精度が高くなっている模様。
IMG_9745

反面、α7RⅢに比べると
  • EVF(ファインダー)の質が落ちる
  • 画素数が4240万画素に対し2420万画素となる
  • ボディが全面マグネシウム合金でなくなる
  • ピクセルシフトマルチ撮影機能がない
といった差異があります。
ただ、どれもあったらいいなという機能・装備で、価格差約10万を考えるとα7Ⅲを選ぶべきという結論に達しました。

IMG_9747

また、先日気になったコンパクトデジタルカメラのrx100 Ⅵですが、どうやらスマートフォンとBluetooth接続をしていると電源オフにかなり時間がかかるとのこと。
そういうレスポンスの悪さは敬遠したいこと、さっとポケットから取り出して撮影するのであればiPhone Ⅹで十分であること、から今回は見送ることにしました。
※α7Ⅲもrx100 Ⅵも、スマホとBluetooth接続をしておくことで、写真に位置情報が追加できるようになりました。

本体が決まったので、次はどのレンズを選ぶべきか考えていきたいと思います。


にほんブログ村 PC家電ブログへ
にほんブログ村
クリックして頂くとブログ村のランキングポイントが入ります。応援よろしくお願いします!
毎日たくさんの応援クリック本当にありがとうございますm(_ _)m
  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Posted by butsuyokumamire at 09:30Comments(0)