2018/09/05

CANONからもフルサイズミラーレス一眼登場

先日発表を行ったNIKONに続き、CANONからもフルサイズミラーレス一眼・EOS R が発表されました。
IMG_0216
大きなトピックスとしては新型RFマウントの採用が挙げられます。

もともと電子化・大口径を備えたEFマウントですが、ミラーレスにするにはレンズ後端からイメージセンサーまでのバックフォーカスと動画対応とするための今まで以上の電子化が必要と判断された模様です。

EOS R

主なスペック

  • 画素数:3030万画素
  • 常用感度:100〜40000
  • AF:AFフレーム選択可能ポジション→最大5655ポジション。自動選択時AFエリア分割数→最大143分割
  • AF検出範囲:-6〜18EV
  • 瞳AF:可能([ワンショットAF]、[顔+追尾優先AF]、[瞳AF:する]の時に機能。また、手動で瞳の左右を選択可能)
  • 連写:最高8.0コマ/秒(サーボAF時最大約5.0コマ/秒)
  • EVF:有機EL369万ドットパネル(倍率0.76倍)
  • モニター:3.15インチ、約210万ドットタッチパネル
  • 手ブレ補正:動画時電子補正有
  • 動画:フルHD 120p, 4K UHD 30p 
  • Canon LOG profile (4: 2: 2 10-bit HDMI出力)
  • バッテリー:LP-E6N/LP-E6
  • USB充電:可能(電源オフ時のみ充電)
  • 電池寿命:常温約370枚、低温(0度)約350枚
    動画撮影可能時間  常温約2時間20分、低温約2時間10分
  • Wi-Fi、Bluetooth
  • 防塵防滴に配慮されたボディ
  • メモリーカード:SD/SDHC/SDXCメモリーカード   ※UHS-II、UHS-Iカード対応 
  • サイズ(幅×高さ×奥行き):約135.8×98.3×84.4mm 
  • 重量:約660g(バッテリーおよびメモリーカードを含む、、約580g(本体のみ)
  • 発売時期:2018年10月下旬予定【2018年9月12日10時予約開始】
  • 価格:オープンプライス(キヤノンオンラインショップ価格は23万7500円+税)


IMG_0212

CANONのフルサイズミラーレス一眼初号機もNIKON同様手堅くまとめてきた感じです。

また、性能面で大きな特徴が-6EVという低照度でのAF検出です。Z 6・Z 7の低照度モードでの-4EVも凄いと思いましたが、-6EVなら本当に星にAFでピントを合わすことが可能でしょうね。

さらに、NIKONには搭載されなかった瞳AFもサーボAF時こそまだ不可能ですが、左右を選べるのはいいなと思います。

IMG_0213
スライド操作とタップ操作が可能なマルチファンクションバーも搭載

IMG_0217
自由度の高いバリアングルモニタ

IMG_0215
軍艦部にドットマトリクス表紙パネルを採用


IMG_0218
RFレンズにはカスタマイズ可能なコントロールリングを実装

弱点としてはやはり手ぶれ補正が内蔵されていないことでしょうか。

手ぶれ補正はレンズ内に無い方が画質が向上しますし、レンズの価格も抑えられます。
また、何よりサードパーティ製レンズなどでも手ぶれ補正が効くというメリットが使えないので残念ですね。

とはいえサードパーティ製レンズなどを使わない方にとってはそんなに大きなデメリットにはならなそうです。


レンズ

同時に発表されたレンズは次の4本。

RF24-105mm F4 L IS USM

画角全域で、高い描写性能を発揮する標準ズームレンズ。
IMG_0219
発売日:2018年10月下旬予定
   【2018年9月12日10時予約開始】
価格:155,000円(税別)

RF28-70mm F2 L USM

IMG_0220
EOS Rシステムだからこそ実用化できた、ズーム全域で開放F値2の大口径レンズ。
発売日:2018年12月下旬予定
   【2018年9月12日10時予約開始】
価格:420,000円(税別)

RF50mm F1.2 L USM

IMG_0221
開放F1.2からシャープな描写と美しいボケ味を両立する大口径・標準単焦点レンズ。
発売日:2018年10月下旬予定
   【2018年9月12日10時予約開始】
価格:325,000円(税別)

RF35mm F1.8 MACRO IS STM

IMG_0222
最大撮影倍率0.5倍のハーフマクロ撮影が行える、広角・単焦点レンズ。
発売日:2018年12月下旬予定
   【2018年9月12日10時予約開始】
価格:75,000円(税別)

感想

CANONから発表された今回のEOS Rは、一部の噂でEFマウントをそのまま使えるようにするのでは無いかと言われていましたが、将来を見据えて新マウントとなりました。
※今までのマウントとなると、薄くなった本体にバックフォーカス分の出っ張りが出来てしまう

CANONの場合はEFレンズ登場時から完全電子化されていること、RFマウントに付けるためのマウントアダプターもただ付けるものから、コントロールリングが備わっているもの、PLフィルター内蔵、NDフィルター内蔵のもの、と合計4つも登場することから、マウントアダプターを介して使用するのもそんなに苦では無いかもしれません。

さらに、握りやすいグリップを目指したNIKONのZ 6・Z 7よりも奥行きが2cm近く大きいサイズがどんな握りやすさなのかが気になります。

見た目や操作性にも奇をてらったところがなく、売れるんだろうなという予感がします。

反面、気になるのがレンズ。
世界初となる28-70mm F2.0レンズがRFマウントの目玉ですが、42万円もすることと、重さが1,430gもあることから、購入検討リストになかなか上がることはない。

また、50mmレンズも解放F1.2という明るさなので価格が32.5万円、重さ950gとなかなか手を出しづらいレンズといえます。

となると年内に出てくるレンズは実質2本。
NIKONも似たような状況なので、一般の方にも買いやすいレンズをいかに早く充実させるかが気になります。
※現状、NIKONは高品質・高価格のSレンズ以外の普及価格レンズを作るとインタビューで答えています。

詳しい情報はこちらからどうぞ


にほんブログ村 PC家電ブログへ
にほんブログ村
クリックして頂くとブログ村のランキングポイントが入ります。応援よろしくお願いします!
毎日たくさんの応援クリック本当にありがとうございますm(_ _)m
  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Posted by butsuyokumamire at 20:50Comments(0)

2018/08/26

【カメラバッグ】マンフロット NEXT コンパクト バックパックを購入

通勤でも使えるコンパクトなカメラバッグについて悩んだ結果、マンフロット NEXT コンパクト バックパックを購入しました。

決め手はデザインと重量。
エレコムのものは少し材質が安っぽく見えてしまったこと(あくまでネット画像でですが)、Enduranceは重かったこと1.27kgと通勤には少し向かなそうなデザインだったこと。

これに対してマンフロットのバッグはデザインも落ち着いていて、重量も790gと軽量だったのが大きかったです。

Amazonからあっという間に到着。
FullSizeRender
ぷくおハウスの室内灯は全て電球色なので、少し温かみのある色になっていますが、バッグを取り出すとこんな感じです。
FullSizeRender

右側面
FullSizeRender

カメラを横に置くとこんなサイズ感になります。
FullSizeRender

お弁当箱とサーモスの水筒(350ml・高さ16.5cm)を入れてみると
IMG_9864

こんな感じで余裕で上部気室に収納出来ました。
FullSizeRender

こちらが下の機材室。
IMG_9865

カメラを入れるケースはまるごと取り外すことができます。
FullSizeRender

カメラケースを取り外し、内部のマジックテープで三辺がくっ付いている仕切り板を外すと深さは44cmの空間となります。
FullSizeRender

前面側には書類などの薄い物を入れるスペースがあります(深さ34 x 幅24 cm)。
FullSizeRender

上部気室の背面側には深さ15cmほどの小物入れスペースが2つあります。
FullSizeRender

右側面上部には独立したタブレット収納スペースがあります(25 x 2 x 20 cm)
FullSizeRender

こちらは前面の収納スペース。ハンカチなどの小物を入れるのにぴったりです。
FullSizeRender

続いて、カメラケースに収納してみたところ。
とりあえず手持ちの機材を入れてみます。
FE 100mm F2.8 STF GM OSSを装着したα7Ⅲと、キットレンズのFE 28-70mm F3.5-5.6 OSS が余裕で入ります。
キットレンズは左下のスペースでも入りましたので、もう1本右側に入れることも可能ですね。
FullSizeRender

落下防止用のベルトを通したところ。
FullSizeRender

感想

思っていた以上に収納スペースがあって驚きましたが、通勤でも使うことを考えるとペンや名刺、ティッシュ、イヤホンなど、様々な小物を入れるスペースがあるのは嬉しいですね。

また、荷物を結構入れてもリュック型なので重さをそれほど感じずに済むのも良かったです。

実際に通勤で使ってみると、カメラケースが入っているとバッグの厚みがあるので存在感はあります。

今回悩んだ他の製品と違って、マンフロットのものはカメラケースも衝撃を吸収する厚みがある上に、バッグの背中部分にも厚みがあるので仕方ないかもしれないですね。

その分衝撃に強いということで安心して使いたいと思います。

また、欠点としてはカメラが取り出しにくい点が挙げられます。
背面収納ということもありますし、チェストベルトが無いので腰に引っ掛けてスケッチ用の画板のようなスタイルで取り出しができないこと、また側面の剛性が弱いためジッパーが開け閉めしづらいといった理由で、カメラを出し入れするときはどこか水平なところに一度下ろす方が早いし安心でした。

例えばアウトドアフィールドなどで、カメラを出しっ放しにしているとぶつけたりする可能性が高く、頻繁に出し入れする必要がある場合には不向きだと思います。

ぷくおの使い方は会社帰りや休日の移動時の収納なので問題ないですが、使用用途をイメージしないと不便だと感じる可能性も高そうです(逆に少し治安が不安定なところでは、気づかぬうちにカメラを抜き取られる心配が無いので安心とも言える)。

とりあえずぷくおにとっては買って良かったバッグでした。



関連記事



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器情報へ
にほんブログ村
クリックして頂くとブログ村のランキングポイントが入ります。応援よろしくお願いします!
毎日たくさんの応援クリック本当にありがとうございますm(_ _)m
  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Posted by butsuyokumamire at 17:05Comments(0)

2018/08/25

通勤で使えるカメラ用バッグ選び

カメラ、レンズととりあえず揃えたところで、次に選ぶのはカメラを持ち運ぶバッグ。
ビジネスでも使えるシンプルなデザインで、持ち運びしやすい大きさのリュック型を選び、会社帰りに都内の様々な場所を巡るというのがぷくおの目論見。

というわけで、求める機能としては
  • ビジネスに使えるシンプルデザイン
  • リュック型
  • 書類やその他荷物を入れるスペースがあること
  • 電車内でかさばらない大きさ
  • α7Ⅲ本体とレンズ2本程度が収納できるスペースがあること
といったあたり。
これらの条件に当てはまりそうなバッグを探してみました。

・エレコム off toco 2STYLEカメラバッグ スタンダード

IMG_9964

IMG_9965

IMG_9966

最初にいいなと思ったのがこちら。
PC周辺機器で有名なエレコム社のバッグ。
こちらの特徴はなんといっても3枚目の写真にあるように、バッグを肩にかけたままカメラの取り出しができるところ。
また、下部のカメラ部屋と上部の荷物部屋の2気室仕様となっています(中のファスナー式仕切りを外すことで1気室に変更可能)。

その他の特徴としては、
  • 14インチPCが収納可能
  • ショルダーベルトにカードポケット
  • 前面・背面にポケット
  • ダブルハンドル
  • キャリーベルトによりキャリーケースに取り付け可能
といったものがあります。

外寸:幅300mm×奥行150mm×高さ410mm ※ハンドル・ショルダーベルト部含まず

参考収納寸法:バッグ本体内寸(ケース取り外し時):幅285mm×奥行120mm×高さ395mm、カメラ収納部内寸(ケース装着時):幅250mm×奥行115mm×高さ170mm、PC収納部内寸:幅255mm×奥行25mm×高さ380mm、上部収納部内寸:幅285mm×奥行120mm×高さ210mm

重量:約1,040g

カラー:ブラック・グレイ・ネイビー

・エレコム off toco 2STYLEカメラバッグ ハイグレード M

IMG_9967

IMG_9968

IMG_9969

IMG_9970
上記のスタンダードモデルの上位版で、三脚ホルダーやレインカバー、着脱式ポーチ、チェスト&ヒップベルトが備わっています。
また、大きさもMとLの2種類あるので目的に応じて選べるようになっています。
※下記スペックはMサイズ

外寸:幅280mm×奥行165mm×高さ400mm ※ハンドル・ショルダーベルト部含まず

参考収納寸法:バッグ本体内寸(BOX取り外し時):幅270mm×奥行85mm×高さ390mm、カメラ収納部内寸(BOX装着時):幅230mm×奥行105mm×高さ145mm、PC収納部内寸:幅255mm×奥行30mm×高さ370mm、上部収納部内寸:幅270mm×奥行85mm×高さ210mm

重量:約1,485g(BOX取り外し時:約1,245g)

カラー:ブラック・グレイ・ネイビー

・Endurance カメラバッグ Ext

IMG_9971

正面ジッパーの開閉によりカメラ機材収納部が拡張可能
IMG_9972
                          ↓
IMG_9973

IMG_9974

IMG_9975

IMG_9976
IMG_9977
プロカメラマン、studio9中原一雄氏監修による、実際にプロの現場で求められる機能を詰め込んだ高性能カメラバッグとして誕生したのが初代Enduranceカメラバッグ。

そのコンセプトを踏襲しつつ、コンパクト化、軽量化、多機能化を図ったのがこのEndurance カメラバッグ Ext(エクステンド) コンパクト&多機能 リュックタイプ。

こちらが初代。
IMG_9978

こちらがEndurance カメラバッグ Ext。
IMG_9971
こちらのEndurance Extはなんといってもプロカメラマン監修というのがいいですね。
特徴としては
  • 大三元レンズ+バッテリーグリップを装着した一眼レフの収納可能
  • カメラ機材のアクセスが側面と正面の2箇所あり、シーンに合わせた機材アクセスが可能
  • サイドポケットに三脚収納可能
  • 薄型であれば最大15インチサイズのPCが収納可能
  • 上部気室はロールトップなので、荷物量によりサイズが可変
  • レインカバー付属
  • キャリーベルトによりキャリーケースに取り付け可能
外寸:約(W)285x(D)175x(H)430mm(最高約630mm) 

収納寸法:約(W)250×(H)245×(D)125mm(エクスパンション解放時該当部 約180mm)

容積:容積 約12L(最大約18L)・上部気室容量:約8〜3L

重量:1.27kg

カラー:ブラック・ネイビー・カーキ

・マンフロット  NEXT コンパクト バックパック

IMG_9979

IMG_9980

IMG_9981

IMG_9982

IMG_9983

続いてはカメラ機材を多数製造しているマンフロットから。
マンフロットからは多数のカメラバッグが発売されていますが、条件を考慮して浮かび上がってきたのがこちらのコンパクトバックパック。

特徴としては
  • レンズつきミラーレスカメラ+レンズ2本(70-200mm f4含む)収納可能
  • バッグ背面からカメラ取り出し可能
  • 三脚または一脚取付可能
  • カメラ収納部分に可動式の仕切り付 9.7”Pad 収納可能 
となっています。
こちらは少し小ぶりのバッグになりますが、普段の携行用と考えるとマンフロットの中では一番目的に合致した製品と言えそうです。

寸法:外寸28 x 19 x 45 cm
   内寸27 x 18 x 44 cm

カメラケース寸法:27 x 11 x 20 cm

身の回り品収納スペース寸法:27 x 12 x 22 cm

重量:790g

カラー:グレー・ブルー




沢山のカメラ用リュックが売られていますが、ぷくおが自分で使いたいなと思ったのはこの4つでした。
通勤でもカメラを持っていこうと考えている方の参考になれば幸いです。

ぷくおが購入したバッグの詳細についてはまた今度。


にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器情報へ
にほんブログ村
クリックして頂くとブログ村のランキングポイントが入ります。応援よろしくお願いします!
毎日たくさんの応援クリック本当にありがとうございますm(_ _)m
  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Posted by butsuyokumamire at 18:30Comments(0)

2018/08/23

NIKONから新型ミラーレス一眼カメラが発表!!

長らく噂されていたNIKONのミラーレス一眼カメラがついに発表されました。
ここ数日で噂されていた通り、発表されたのは2機種。
また、新型のZマウント用に3つのレンズが同時発表されました。

それぞれの主なスペックは次の通りとなります。

Z6

IMG_9959
  • 画素数:2450万画素
  • 常用感度:100〜51200
  • AF:測距点273点、高精度ハイブリッドAF
  • AF検出範囲:-2〜19EV(ローライトAF時:-4〜19EV)
  • 連写:11コマ/秒(AF・AE追従時約5.5コマ/秒)
  • EVF:有機EL369万ドットパネル(倍率0.8倍)
  • モニター:3.2インチ、約210万ドットタッチパネル
  • 手ブレ補正:5軸、約5.0段分
  • 動画:フルHD 120p, 4K UHD 30p 
  • N-LOG profile (4: 2: 2 10-bit HDMI出力)
  • バッテリー:EN-EL15b battery
  • 電池寿命:撮影可能枚数 ファインダーのみ使用時:約330コマ、画像モニターのみ使用時:約400コマ(CIPA規格準拠)
    動画撮影可能時間 約85分(CIPA規格準拠)
  • Wi-Fi、Bluetooth
  • 防塵防滴のボディ
  • メモリーカード:XQD
  • サイズ(幅×高さ×奥行き):約134×100.5×67.5mm
  • 重量:約675g(バッテリーおよびメモリーカードを含む、ボディーキャップを除く)、約585g(本体のみ)
  • 発売時期:2018年11月下旬予定

Z7

IMG_9958
  • 画素数:4575万画素
  • 常用感度:64〜25600
  • AF:測距点493点、高精度ハイブリッドAF
  • AF検出範囲:-1〜19EV(ローライトAF時:-4〜19EV)
  • 連写:9コマ/秒(AF・AE追従時約5.5コマ/秒)
  • EVF:有機EL369万ドットパネル(倍率0.8倍)
  • モニター:3.2インチ、約210万ドットタッチパネル
  • 手ブレ補正:5軸、約5.0段分
  • 動画はフルHD 120p, 4K UHD 30p
  • N-LOG profile (4: 2: 2 10-bit HDMI出力)
  • バッテリー:EN-EL15b
  • 電池寿命:撮影可能枚数 ファインダーのみ使用時:約310コマ、画像モニターのみ使用時:約380コマ(CIPA規格準拠)
    動画撮影可能時間 約85分(CIPA規格準拠)
  • Wi-Fi、Bluetooth
  • 防塵防滴のボディ
  • サイズ(幅×高さ×奥行き):約134×100.5×67.5mm
  • 重量:675g(バッテリー、メモリーカード含む)
  • 発売時期:2018年9月下旬予定

また、今回発表されたミラーレス一眼に採用されたマウントは、直径55mmという大径であり、長い間小径で苦しんでいたのを払拭する大きさになっています。
※CANONのEFマウントは54mm。SONYのEマウントは46mm。
※マウント径が大きい方が大口径レンズや広角レンズの設計が行いやすい。デメリットは、本体のサイズが小さくしにくい、レンズが寸胴になりがちなど。

カメラで大事なレンズは

  • NIKKOR Z 24-70mm f/4S(希望小売価格147,420円(税込))IMG_9955
  • NIKKOR Z 50mm f/1.8 S(希望小売価格90,180円(税込))IMG_9957
  • NIKKOR Z 35mm f/1.8 S(希望小売価格123,120円(税込))IMG_9956
の3本が発表されたほか、2019年には解放F値が0.95という驚異的な明るさを持つNIKKOR Z 58mm f/0.95 Noctが登場する予定である他、以下の通り他のレンズもリリースされる予定になつています。

Zレンズロードマップ
IMG_9953

NIKKOR Z 58mm f/0.95 Noct
IMG_9954
※せっかくピントを追い込めるミラーレス一眼なのにMFレンズというのが残念。

また、現在まで使われていたレンズを使用するためのマウントアダプターも発表され、今までに登場したほとんどのニコン用レンズが使用可能になります。

今回発表された2機種は完全にSONYのα7Ⅲと、α7RⅢに対抗する機種構成になっていますね。

α7よりも良いなと思うのは
  • 防塵防滴(SONYは防塵防滴に配慮。と少し曖昧で不安)
  • EVFが両機とも360万ドット
  • レンズマウント径が大きい
といったあたりでしょうか。
反対に、ちょっと…と思うのは
  • 高価(本体予想価格がZ7が税込44万円、Z6が税込27万円。さらにレンズも高品質レンズのみ)
  • マウント規格が非公開
  • バッテリーの撮影可能枚数が少ない
特にマウント規格が非公開なのは、Eマウントやマイクロフォーサーズが異例ではありますが、サードパーティ製レンズにAFや補正など制約が出てくる可能性が高く、高価なレンズしかラインナップされないのではレンズを揃えるのに金銭面で苦労しそうです。

とりあえず9月下旬以降の発売、そして今後のCANONの動向が楽しみですね。

詳しくは以下のリンクをご覧ください

にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器情報へ
にほんブログ村
クリックして頂くとブログ村のランキングポイントが入ります。応援よろしくお願いします!
毎日たくさんの応援クリック本当にありがとうございますm(_ _)m
  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Posted by butsuyokumamire at 20:55Comments(0)

2018/08/20

【ミラーレス一眼】究極のボケレンズ・FE 100mm F2.8 STF GM OSSが到着

迷いに迷ったのがレンズキット以外にα7Ⅲに装着するしっかりしたレンズ。
買うなら望遠寄りのレンズだと思っていましたが、SONY純正は高いし、アダプターをかましての利用を考えていたCANONレンズは連写の制約や瞳AFが行えるかが不透明であったこと、さらにSIGMAの100-400mmレンズも値段の割に良さそうでしたが、しばらく待てばSONYのEマウント版が出るかもしれない(後日マウント交換サービスする手もあるけど)といったことから、SONYのαならではのレンズともいえるFE 100mm F2.8 STF GM OSS SEL100F28GMを購入する事にしました。

待つ事2日で憧れのSTFレンズが手元に到着。
α7Ⅲレンズキットは軽いと思いましたが、こちらは逆にしっかりとした重さを感じます。
FullSizeRender

箱の中身は取扱説明書のほかに、レンズ、レンズフード、ポーチ、ポーチ用ストラップ。
レンズフードの内側は起毛処理が施され、乱反射を抑える丁寧な作りでちょっと感動しました。
FullSizeRender

α7Ⅲに取り付けるとこんな感じ。
IMG_9882

さらにフードをつけるとかなり長くなり、威圧感が増します。
IMG_9883

α7Ⅲにレンズ、レンズフード、ストラップを装着した時の重量は1456g(バッテリー、SDカード1枚挿入)。α7Ⅲ:650g  レンズ:700g

なかなかの重さになりますが、仮にα最後の一眼レフ・α900に135mmのSTFレンズを付けた場合、カタログスペックで本体850g、レンズ730g、合わせて1580g+ストラップ等なので、ミラーレスはやはり本体が軽いといえそうです。
FullSizeRender

ちなみにレンズキットで付属するFE 28-70mm F3.5-5.6をつけた場合は994gとなり、フルサイズとしてはかなり軽くなります。
IMG_9884

まだ届いたばかりなので、きちんとした撮影はまだですが、軽く撮影したのがこちら。
毛が伸び放題なので、写真はやっぱり被写体が大事というのが改めて分かる写真ですが、複雑な毛の絡み合いでもきれいにボケています。
※画像は全てJPEGスタンダードでの撮影を、2Mでスマホに転送したもの。
IMG_9909

IMG_9911

IMG_9902
こちらはiPhone Xのポートレートモードで撮影したところ。
クリックして拡大すると一目瞭然ですが、頭部の毛と背景の処理でエラーが発生しています。
FullSizeRender

日中、動きの穏やかな被写体の撮影でならiPhone Xでも十分といえば十分とも思えますので、今後ボケや暗所撮影、動体撮影のテストを行いたいと思います。




にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器情報へ
にほんブログ村
クリックして頂くとブログ村のランキングポイントが入ります。応援よろしくお願いします!
毎日たくさんの応援クリック本当にありがとうございますm(_ _)m
  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Posted by butsuyokumamire at 21:30Comments(0)